傷を修復したフィギュアはマイナス査定に当たるか

フィギュアを飾っていて、ちょっとした不手際によって落としてしまい、一部キズが入った状態です。ちょっとしたキズだったので、目立たないように修復したわけです。キズを修復したフィギュア買取はどうなるでしょうか。キズを修復したこと自体がマイナス査定に当たるのか、それともマイナスにならずにそのままの査定になるのでしょうか。

フィギュアにキズがある場合はマイナス査定

フィギュアにキズがある場合は高い確率でマイナス査定になることが確実です。ユーザーでできるくらいのキズの修復であれば買取業者はしっかりと見抜くものです。自分でキズを修復した結果相場よりも大分安い価格の査定になることもあります。本体であれば確実にマイナス査定になりますが、箱やケースの場合はその時々によって変わってきます。

キズがあることを正直に報告する

買取業者は節穴ではありませんので、キズがあることは確実に見抜いてしまいますし、キズが修復したとしてもそれを確実にわかってしまいます。キズがあることを隠してしまうよりは、備考欄などに傷があることを正直に書いたほうが心証が違ってきます。嘘をついたり、騙したりするのは印象が悪くなりますので注意してください。

キズは修復しないほうがいい

フィギュアに間違ってキズをつけてしまったという場合は、自分であれこれと修復せずにそのままにしたほうがまだいいです。余計なことをやってしまうよりは何もしないほうがいいということです。

キズがあっても買い取ってもらえないことはない

フィギュアにキズがあったとしても、買い取ってもらえないということはなく、マイナス査定されます。キズが有ったら修復したいという気持ちになるかもしれませんが、そういうことはやめた方がよく、正直に報告すべきです。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
ページのトップへ戻る